【北千住駅】トロトロの鶏レバニラ炒めと高ホスピタリティの人気店|ここのつ

グルメ

この投稿はインスタでもみれます↓

今日の仕事は北千住にて。13時スタートだから、最も込み合う12時台にランチを済ませる必要があります。

13時からの仕事が終わってからゆっくりランチ!っていうのも魅力的なんだけど、空腹の12時台を耐えきれる気がしないので、12時台にお食事タイムを押し込みます。

電車で北千住に向かいながら、食べログSearch!!(=食べログパトロール)です。

北千住、300m以内、昼1000円以下←わたしはいつもこの条件で検索します。

一番最初にヒットしたのは、味噌のほうのマタドール北千住食べログランキング1位の牛骨ラーメン系列店です。

味噌の方のマタドールも高評価!

しかし、今週はすでに1回ラーメンを食べてしまったので、今回は見送り。

色んなお店を食べパト(=食べログパトロール)した結果、今回はこちらのお店に決めました!

ここのつ

ここのつ公式HPより

なにしろ、究極のレバニラ炒めが食べられるお店とのこと。

究極?!?!なにしろ楽しみです!!


今日は平日の金曜日。この日は朝から雨模様で、6月梅雨の時期特有のどんより気候です。

北千住について、東口からお店へ向かいます。

見えてきました。

ちなみに、手前の黄色看板のお店が味噌マタドール。2軒先今回のお店ここのつです!

雨も強くなってきました。入りましょう。

2人テーブル5つ、4人テーブルが1つ。私が入店した時、ちょうど2人テーブルが1つだけ空いていたので、そこに通されます。

こちらメニュー。なにしようかな~

今回は左上にある<究極のニラレバ定食 900円>にしました!

「ニラレバ ワンで~す」という店員さんの”のっぺり”とした声色を聴きながら待ちます。

店内は居酒屋のようなシックな雰囲気ですが、メニューやボトルキープ(?)のお酒たちは、きちっと整理整頓されています。

壁や装飾品まで清掃が行き届いていて、清潔さが感じられます

テーブルの下にはひざ掛けが!女性も安心して食事が楽しめる環境が整う、高ホスピタリティのお店です。いいお店だなぁ。

また、テーブル席にはそれぞれセパレートボードが完備され、感染対策がなされています。


おまたせしました~

こちらが<究極のレバニラ定食>です!!

一見してびっくり!!900円なのに、副菜が3つ(サラダ・お漬物・切り干し大根)も付いています!!!コスパいいなぁ。

まずはお味噌汁から。お椀に口をつける前から、おダシの香りがします。定食屋さんだと、インスタントのお味噌汁のところ多いと思うんだけど、抜け目がありません豆腐わかめえのきの具材たちでうま味さらにアップ

次に切り干し大根。もしかしたら出来合いのものかもしれませんが、甘めの味付けで、これだけで白ご飯が進みます。抜け目ないなぁ(本日2度目)。

さあ!本題のレバニラです。口に入れると、トローっととろけながらお肉のうま味があふれ出してきます。

レバー独特の臭みは感じられず、パサパサ感もありません。クリーミーさが全面に来ています。

ニンニクショウガのきいた甘めの炒めダレとのハーモニー白米が止まりません。中華鍋火力マックスで炒めた時の香ばしさも加わっています。

白米カッ込み不可避です。

トロトロのレバーに食感にアクセントをくれるのがニラ鮮やかな緑色がプラスされて、見た目からも食欲がそそられます。

トロシャキのニラレバ→白米→お漬物→味噌汁→切り干し大根→サラダ→ニラレバ…

これだけ品数があって\900なのはお得です!

注意してほしいのは、白米は絶対に足りなくなります。究極のニラレバが行き着いた先は「無限ライス」でした。気を付けて下さい。

まじめな話としては、鶏レバーは保健所の指導の下、75℃以上で1分以上の加熱処理をしています。体調不良の方や、レバーが苦手な方はご遠慮ください、とのことでした。(お店内の掲示物より)

もう大満足で完食です。

<究極のレバニラ>のおいしさ高ホスピタリティ、人気店の理由がわかります。

ごちそうさまでした!


お店情報

◆ここのつ◆(食べログはこちら)

東京都足立区千住旭町43-13

営業時間

[月~土]
11:00~15:00(L.O.14:30)17:30~23:30(L.O.23:00)
[祝日]
11:00~15:30(L.O15:00)17:00~22:00(L.O.21:30)
[定休日]
日曜

20席

ここのつ定食・食堂 / 北千住駅牛田駅京成関屋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました