【2021年9月モスバーガー新商品】7年ぶりに復活した期間限定フォカッチャサンドってどんな味?どこよりも早い食リポ

グルメ

どうもおはコンバンにちわ。不動産屋のカメラマン(@go_photo_gogo)です。

この記事では2021年9月22日から7年ぶりに復活する期間限定商品「モスバーガー フォカッチャサンド」を実際に食べてみた食レポ記事です。

7年ぶりに復活する「フォカッチャサンド」とは?

燻した馬蹄型ばていけいソーセージに、モスオリジナルグランピングソースをかけて。ふんわり食感の特製フォカッチャでサンドしました。

燻製の薫りに包まれたジューシーなひと口で、あなたもたちまちアウトドア気分に?!

モスバーガー公式HPより

モスバーガーの「フォカッチャ」は、 2000年に発売して以降、秋冬の期間限定メニューとして、2014年までの間に10回販売しました。

累計販売数は4,000万食を達成し、利用客から復活の要望も多く寄せられた一方で、具材がこぼれやすいなど、食べやすさに課題があったといいます。

今回、フォカッチャの形をひょうたん型にして折る部分にマチ(厚み)を作り、ソーセージの向きを生地のふちに沿うように配置したことで、7年前のものと比べてソースがこぼれにくくなりました。また、ソーセージは約15%増量も実現。

ファンの期待に応え、グレードアップしたフォカッチャサンドが帰ってきました。

早速注文

フォカッチャサンド オニポテセット 860円

持ってみると熱々。さすが出来立てを用意してくれるモスバーガーです。

正面から
後ろから

いただきます。

あ、美味い!

まず感じるのはソーセージの美味しさ。
パリッとした食感の太めスタイル。弾けるように飛び出してくる旨みや肉汁が溜まりません。

グランピングソースというイメージの付きづらい名前にしている通り、ソースは何味というべきか。
モス特製BBQソースが良い気がします。

ケチャップや中濃ソースが軸となっていて、ときどきジャンバラヤのようなスパイシーさを感じます。

一番最初にソース単体で食べてみた時、正直うまいとはならなかったのだが、
ソーセージと合わさった瞬間に姿を変える。

【ソーセージ × グランピングソース】←この組み合わせ最高。

野菜はレタス1枚と千切りキャベツです。

意外とこのサンドイッチ(と言っていいものか?)で一番の肝になっているのがフォカッチャです。
「モチっとパサっと」なパンなんですが、具材たちのまとめ役となっています。

どういうことかというと、
ソーセージから弾け出る旨み、野菜のみずみずしさ、たっぷりかかったグランピングソース
これらすべてを持ち前のパサパサ感(というと聞こえが悪いので包容力と言おう)で包み込んでいます。

NICEコンビネーション。美味いです。

難点は2つ。

1つは、やっぱり食べづらい。
しかしこれは、単純にわたしが食べるのが下手という可能性もあるからあまり気にしないほうが良いのかもしれない。

2つ目はコスパ。
この量で860円(ポテトSセットなら830円)は合わないかなと思った。
おそらく、見た目のガッツリさから女性というより男性が頼むとは思うが、成人男性は多分足りないと思われる。
事実、26歳未だ食べ盛りのわたしは帰りに吉野家でも寄ろうかと思っている(単にデブなだけ)

吉野家の件はさすがにジョークだが、満腹感はあまりないのは本当です。

ご馳走様でした。

フォカッチャサンドはいつまで販売?

ネット上の情報によると、

11月上旬までの期間限定の予定です。

みなさんもぜひ食べてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました