中野区・野方にある中華料理「なかの中華sai」に行ってみたら麻婆豆腐と点心セットが美味すぎた

東京おすすめ麻婆豆腐
東京おすすめ麻婆豆腐

■ ■ 点心3種セット ■ ■

A点心3種セットは 多くのお客さんが注文してた

まずは点心がドーンとやってきましツァ!!!

  • 鶏団子
  • エビとニラの餃子
  • 明太子と餃子

この日のラインナップです。

色鮮やかで見た目でも楽しい。

熱々出来立て。

赤・緑・黄 色鮮やかな見た目

皮がもちもちでニラの風味が香り高い。

特にエビとニラの餃子(緑色のやつ)が旨かったなぁ。

餡に入っているエビがめっちゃぷりぷりで存在感x-gun(バツグン)だった

■ ■ 麻婆豆腐 (ライス・スープセット) ■ ■

麻婆豆腐ランチセット

続いて麻婆豆腐も合流しましツァ!!!

醤油とラー油がメインの麻婆豆腐。

熱々ラー油と熱々木綿豆腐をアツアツ言いながら喰らう

タレの量は控えめで、

豆腐とラー油を絡めまくって食べまくるStyle。

店主さんひとりで すべての料理を作る

上質なラー油だ
市販のとは香りが違う。

けっこう痺れも感じます。

スルメ系マーボー 噛めば噛むほど旨みを感じられるから

花椒の香りも上品に鼻から抜けていく

口の中で木綿豆腐が崩れると、

木綿豆腐のまろやかエキスが塩っぱさ辛さにベストマッチ。

噛めば噛むほど美味しさが増してくる。

お上品な味だなぁ

ご飯・スープもスチームで再加熱 水蒸気の使い手sai

鶏ガラベースで優しい旨味がぎゅっと詰まった卵スープ。

糸を引くように火が入っている 卵がふわふわ

こちらも上品なお味付け。塩味がちょうど良い。

〆はon the ライスでさらさらっと

粒だったご飯。甘味がマシマシ

こんなに美味しいご飯、残すわけがありません。
全て完食です。

ごちそうさまでした。

ゆったりと時間が流れる店内で ご馳走を頂きました

点心もライスもスープもレンジは使いません。

温めは全てスチームで。

スチームってこんなにもうまいのか。

スローフードな中華ランチ、贅沢な時間を過ごせました。

■ □ ■ □ ■ □ ■ □

中野駅から徒歩で諦めずに10分

中野駅から約10分ほど歩いたところにある「sai」

中野マダムもこぞって来店する人気店。

平日火曜の12時にお邪魔しましたが、

満席!!!

並びあり!!!

混みすぎで、店内の様子は撮れなかったので

高級中華料理店さながら ランチ1000円でいいんですか、、

トイレの写真です。

めちゃめちゃ綺麗。。

これで店内がどれほど綺麗かをお察しください。

カウンター席越しの厨房
店の中 扉を開けるとまた扉が

(あと食べログで)

投げやりですんません

シェフの宮田氏は丸の内の「福臨門酒家」(現「家全七福酒家」)、豪徳寺の「火龍園」、銀座の「三笠会館 揚州名菜 秦淮春」で修行をされた方。

長崎の五島列島から取り寄せた鮮魚を使用し、美味しい広東料理を提供しています。

注文商品

  • 麻婆豆腐(ライス・スープ付き)800円
  • 点心3種セット 200円

計1000円

ーーーーなかの中華 Sai(サイ)ーーーー

■住所:東京都中野区野方1-6-1 カサフェリス 1F
■営業時間:
[火~金]
11:30~14:00(L.O.13:30) (無くなり次第終了)
18:00~22:00(L.O.21:30)
[土、祝]
12:00~14:00(L.O.13:30)(無くなり次第終了)
18:00~22:00(L.O.21:30)
■食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13159163/
■公式HP:https://nakanosai.gorp.jp

この記事を書いた人

1995年生まれ。学生時代の中華料理屋アルバイトにより麻婆豆腐に取り憑かれた男。
20代サラリーマンに捧ぐ東京の美味い麻婆豆腐を紹介しています。
ちなみにこのブログを作る時、回鍋肉特化ブログにするか迷いました。
ミスチルとヒゲダンと千葉ロッテも麻婆豆腐と同レベルで愛しています。

マーボードフ男をフォローする
マーボードフ男をフォローする
マーボードフ男の東京麻婆豆腐ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました